分別して処分するルール

見落としがち!リサイクルできるものできないもの

リサイクルできる家電とは

処分する方法を把握しよう

リサイクル法に該当する家電は、購入したお店に持って行くことで処分できます。
正しい方法なら、家電でもリサイクルされるので資源を無駄に使うことはありません。
どこで買ったのか、きちんと覚えておきましょう。
行政は、家電リサイクル法に当てはまるものを回収できないので注意してください。

地域の回収場所に持って行っても、そのまま放置されてしまいます。
どこに持って行けば良いのかわからない場合は、不用品回収業者に依頼してください。
業者は普通の家電も、リサイクル法に該当する家電でも引き取れます。
引き取ってから分別して、リサイクルできる家電はしてくれるので環境を汚すことはりません。
いらない家電を処分して、部屋をスッキリさせましょう。

いつでも依頼できる

不用品回収業者は、24時間経営のところが多いです。
ですから深夜や早朝でも依頼できるので、家電を処分したいと思ったら連絡してください。
日中より、深夜や早朝の方が混んでいないのですぐ来てくれるでしょう。
家電を自分で分別する手間も省けるので、楽ですね。
引っ越しをする時に、家電をたくさん処分することが多いです。

パソコンや冷蔵庫を買ったお店が異なっていたら、それぞれのお店に持って行かなければいけないので面倒な手間が発生します。
引っ越しの準備をしている時は、あまり時間もないでしょう。
すばやく処分してくれる業者に依頼してください。
前もって連絡して、予約するのもおすすめです。
自分にとって、都合の良い時間を指定してください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る